バナー
本文へジャンプ
お小遣いメニュー

サイトマップ

 インターネット広告について
インターネット広告とはホームページやメールマガジンなどで配信される広告の事です。その広告をホームページやメールマガジンに載せることによって成果に応じた謝礼金が貰えます。広告を貼るためには広告主と提携する必要があります。

実績のあるページを検証、売れるページ作りの方法がわかる

 アフィリエイトの知識
広告主のことをマーチャントやECサイトと言います。広告を貼る場合、広告代理店を利用するか直接マーチャントに依頼するかで報酬額や広告数などが変わってきます。

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)

ホームページ管理者とマーチャントを結びつけるインターネットの広告代理店です。様々な企業が登録されていて、ホームページ管理者は多くの広告の中から自分のサイトに合った広告を選ぶことができます。ASPと略して使われることが多いです。

アフィリエイトプログラム

ASPと契約して広告を貼り、成果に応じた謝礼金が支払われるシステムを指します。様々な広告から選べるのが特徴で、広告によって支払われる金額やタイミングが違ってきます。アソシエイトプログラムと呼ばれることもあります。

 報酬の種類


売上型成功報酬

ユーザーが広告経由で商品・サービスを購入した場合にホームページ管理者に報酬が支払われるタイプ。単価が高いのでアクセス数が少なくても成果に繋がれば収入も期待できます。

リード型成功報酬

ユーザーが広告経由で広告主の要求をクリアーすると報酬が支払われるタイプ。売上型成功報酬と似ていますが、リード型の場合は直接金銭に繋がらなくても報酬が貰えます。無料会員登録やメールマガジン購読など無料で参加できるプログラムなので収入に繋がりやすいです。その分、売上型成功報酬よりは報酬額は下がります。

クリック型成功報酬

ユーザーが広告をクリックするとホームページ管理者に報酬が支払われます。クリックするだけで報酬が貰えますその分報酬額は低いです。サイトのトップページに広告を貼ること収入に繋がりやすいです。



いざASPに登録し広告貼り付けへ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー